ポニーハウスでは日本、アメリカやイタリアの品種を中心に20種類程のトマトを栽培しております

これまでポニーハウスでは100種類以上のトマトの品種をトライアル栽培し、その中で最高の味覚と栽培効率の高い品種を選びました。また、アメリカのトマトグロワーズ社、日本のパイオニアエコサイエンス社などトマト専門品種開発会社と協力して、最高の品種を栽培しております。

2014年の栽培品種

トスカーナバイオレット パイオニアエコサイエンスの最高傑作でポニーハウス断トツ人気No.1のミニトマトです。写真では分かりずらいですが、完熟すると濃い紫に近いになり、糖度が高いと同時に非常に凝縮感がある味覚です。この品種はハウス栽培での温度管理が難しく果実割れしやすく、ポニーハウスでは3年かけて大量の収穫ができるようになりました。このトマトは、チャツネにしたり、フライドトマトにしてもおいしく、シェフから最も指名買いが多い品種です。

 

詳しくは、こちらのパイオニアエコサイエンスのHPをご覧ください。

ピッコラカナリア パイオニアエコサイエンス社のオレンジ色のミニトマトです。糖度が高くうま味があるフルーツトマトです。ベータカロチンが多く含まれている健康的なトマトです。生産高を上げるのが難しい品種ですが、完熟時期がはっきりと分かりやすく収穫しやすい品種です。非常に鮮やかなオレンジ色でデザートにも使えます。

 

詳しくはこちらのパイオニアエコサイエンス社のHPをご覧ください。

ゴールデンスイート アメリカで大人気。黄色いミニトマトはいろいろありますが、ゴールデンスイートは糖度、味、食感が優れており、とにかくおいしいフルーツトマトです。しかも、この品種は大量に収穫ができシーズン最後まで栽培できる優れものです。すでに10年栽培しておりますが、人気が高いために、今年は栽培量を増やしました。

アイコ 日本の品種です。ミニトマトよりはちょっと大きめの赤いトマトで完熟すると実においしいトマトです。糖度もあり、食感にすぐれサラダにピッタリです。収穫量は高く、まったくはずれの無い品種です。

サンチェリープレミアム イギリスのトムプソン・モーガンの筆頭ミニトマトです。赤いチェリートマトの中でももっとも糖度が高く味にトマトの凝縮感があり、小さいながらもパンチの利いた味です。小粒トマトが大量に収穫できる優秀な品種です。

サンゴールド タイで開発され今や世界的に有名なミニトマトとなりました。素晴らしい独特の味です。酸味と糖が丁度よく、しかも他のトマトには独特の味でです。料理に使うと、思わぬ味付けになります。こに品種は若取してもよく、完熟するとトロピカルフルーツのようです。スナック菓子感覚のおいしいトマトです。

スーパーマルツアーノ イタリアントマトの中でも最高レベルのトマトです。リコピンが多くて水分が少なめのためにトマトソースを作るとずば抜けておいしい。パスタやラザニアに使ってください。本国イタリアでもサンマルツアーノは、最高級品種です。そのサンマルツアーノをさらに品種改良したのがこれです。一方、多湿高温の日本では栽培が難しく、またカルシウムなどのミネラルが多く必要で、ポニーハウスでは毎回苦労している品種です。

サンロード 日本の大玉トマトです。桃太郎系列と比べて味が良い。完熟するととってもおいしい品種です。しかしながら、この品種はスーパーにはあまり見かけない。その理由は日持ちしないことと、皮が軟らかいために傷がつきやすいからです。トマトサラダには抜群です。